伝わる記事を書くために必要な3つのこと

記事2

記事を書くときに忘れがちなのが、
「誰に向かって書いているか」です。

ブログ管理人のGはどうなの?
と聞かれたら、答えはひとつ

あなたです。

そう、今この記事を読んでいらっしゃる
あなたに向かって書いています。

ちょっと、照れくさいですが。

パソコンの向こうにあなたがいる、
そう思って書いています。

本当にあなたが
パソコンの裏から顔を出したら
ギョッ!として飛びますが‥。

誰に向かって記事を書いていますか

あなたが記事を書くとき、
情報を伝える相手をきちんと想像するのは
とても重要なことです。

それをしなければ、あなたの伝えたいことが
伝わらなくなってしまうからです。

「ほんとにそうなの?」
と思われるかもしれませんね。

でも、ちょっとだけ考えてみてください

見知らぬオジサンが(Gかも)
人ごみの中で「みなさん!」と切り出して
大きな声で話をし始めたとします。

その話が、あなたに関心のある事なら
立ち止まって聞くかもしれませんが、
そうでもなかったら、聞きませんよね。

ところが、
オジサンがあなたの着ている服の色を
言いながら「差支えなかったら1分間だけ」
と切り出したら‥。

あなたが立ち止まって、話を聞く確率は
すごく高くなる、と思いませんか?

ネットの世界もこれとほぼ同じです。

記事を読んでくださる人に向かって
書かなければ、読んでもらえることは
少なくなります。

最悪の場合、自分に向かって書いてしまい、
書き手だけが分かる記事、
つまりひとりよがりの
記事になってしまうのです。

何を伝えたいか最初に考える

今、Gがあなたに伝えたいことは、
この記事の見出しにある
「伝わる記事の書き方」です。

その1つ目は、
先ほどあなたに読んでいただいた
「あなた(相手)に向かって書く」
ということです。

2つ目は
何を伝えるかを先に考えておく。

これも、重要です。

何を伝えたいのか、書き手自信が明確に
イメージしていないと、伝えたいことが
拡散してしまうからです。

記事を書いているうちに
書き手自信が何を書きたいのか
分からなくなることもよくあります。

「記事がうまく書けない」
「短い分しか書けない」
「書いてみたけどつまらない」

そう思うことがあったら、
ちょっとだけ、振り返ってみてください

そして自問自答してみてください。

「何を伝えたかったのか?」と。

ストレスを与えない記事の書き方

いい記事の書き方には、
いろいろなスタイル、文章の構成など
言い始めると、難しい話になってしまいます。

でも、まず読み進めてもらうためには
「ストレスを与えない」ことが
第一に重要なこと。

もし、あなたが、Gの書いた記事が
「読みにくい」「分かりにくい」と
思ったとしたら、この文字、
見ていませんよね。

ブログやを訪れる人は、
よほど必要に迫られていない限り
「つまらなかったら読まない」
と思ってください。

すぐ、別の記事を探して
どこかへ行ってしまいます。

あなたもそうでしょ。Gもそうです。

「あ、読みたくね、これ」
とか思いながら、ほかを探しますよね。

ストレスを与えない文章にするには

  • 話しかけるように書く
  • 長い分は2つに分ける
  • 1行の文字数を30字以内に
  • こまめに段落を設ける

これを気にしながら書いてみてください

まとめ

  • 何を書くか最初に考える
  • 読んでくれる人に向かって書く
  • 話しかけるように書く

‥‥▽‥‥▽‥‥

最後まで読んでくださって
ありがとうございました。

本当の自由を目指す中間管理職・G

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

ブログ管理人 G のプロフィール

abo

ようこそ!
ブログ管理人のGです。

アフィリエイトで生活を豊かにしようと奮闘中です。

あなたお役に立てるようGの知っていることを分かりやすくお伝えします。

よろしくお願いいたします。

プロフィールはこちらからどうぞ

Gはいま何位?

アーカイブ

読みやすく分かりやすい記事の書き方<無料レポート>

文章が上手に書けるようになりたいあなたへ<無料レポート>

リライトでもオリジナリティーを出せるようになります